【2024年】和暦日々是好日(2月10日始まり)

    
カートボタンへ
移動する

自然のリズムを感じるための手帳


『和暦日々是好日』手帳は、和暦の第一人者、高月美樹さんが企画され、月の満ち欠けをベースにした和暦手帳です。ビジュアルとコラム満載の本のような一冊です。2024年2月10日から2025年1月28日までお使いいただけます。




北斎が描く、センス・オブ・ワンダー


2024年版は「北斎」がテーマ。
葛飾北斎の絵で構成されています。葛飾北斎は、植物・花・風景・野菜・人々・風・雨・雷などの自然現象を精力的に描き続けました。
北斎の描く季節感をたっぷりお楽しみください。




和暦の季節感を味わえる時間軸


『和暦日々是好日』手帳は、月のリズムを感じていただくため新月から始まります。 西暦の日付を大きく配していますので、通常のダイアリーとしてお使いいただけます。 和暦の睦月、如月、弥生・・・と本来の季節感を味わっていただくためでもあります。 西暦とは異なる、月のめぐりの優しさをぜひ感じてみてください。








眺めて、読んで、 感じるための手帳


知識ではなく日常の中の実感としてなにかを感じるヒントにしていただけるよう、さまざまな図版とコラムを掲載しています。
日本人が昔からモチーフにしてきた組み合わせには、自然界の摂理がシンプルに表現されています。






五感を使って、命のつながりを発見する


生態系のしくみ、行事、ことばの由来、環境に関する情報など、多岐に渡ったコラムを掲載しています。自然に学び、自分のものさしをもって主体的なトキを刻むツールとしてご活用いただければ幸いです。






見返しのカラー図版


この手帳は毎年、羽織の裏のような見返しのカラー図版を掲載しています。2024年版は北斎が艶やかな色彩で描いた「藤に鶺鴒」「黄鳥 長春」、北斎ブルーが特徴的な「小禽に虻」「孟宗」。鮮やかな色合いと、北斎のカラーをお楽しみいただけます。




旧暦、陰陽五行のしくみ解説


末に旧暦のしくみ、陰陽五行のしくみ、日本古来の季節感、植物の変化をあらわす十二支などの解説頁があります。日本人が使っていた太陰太陽暦は、夜空を見上げれば誰でもわかる月の満ち欠けを基本とし、季節の節目を割り出した太陽の周期を組み合わせたもので、自然界のリズムをシンプルに感じることができる暦です。




今年の表紙は里紙「うすあい」


本体の表紙は、竹尾の環境対応紙、里紙を使用し、毎年色が変わっていきます。里紙は里山の風景からとった色のシリーズです。自然のぬくもりを感じるやさしい手触りをお楽しみください。持ち歩きやすいB6サイズで、厚さは約9ミリ。180度しっかり開いたまま置いておけるように改良を加えています。




麻布上製ハードカバー版も


製本工房の老舗、美篶堂製の上製ハードカバーです。素材は邪を祓う魔除けの効果があるといわれている麻布。中央にはロゴマークのうさぎの箔押しを施し、赤いしおりひもが付いています。
※手帳本体には、しおりはついておりません。





一冊ずつていねいに仕立てているため、耐久性があり、毎年、本体を差し替えてお使いいただくこともできます。
カバーの色は、「サックスブルー」「若草」「紺」の3色です。

ハードカバー付をお求めの方はこちらから
【2024年】和暦日々是好日 ハードカバー(2月10日始まり)






自然のリズムと暮らすよろこび、もうひとつの時間軸と生きる発見をお楽しみください。


【2024年】和暦日々是好日(本体)


日付:2024/2/10から2025/1/28まで
本文:2色160頁
本体サイズ(B6):182×128×9mm
※こちらの商品は手帳本体(ハードカバーなし)となり、しおりはついておりません。写真は一部ハードカバー付きの商品となります。予めご了承ください。

企画・構成・執筆:高月美樹
デザイン:飯野明美
型番 4985849702987
定価 2,640円(税240円)
販売価格 2,640円(税240円)
SOLD OUT




Calendar

2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
定休日:土曜日・日曜日・祝日・GW・夏季休暇・冬季休暇

《配送に関してのご注意》
誠に恐れ入りますが、人気商品の発売後や長期休暇前後など、ご注文件数が多い時期に関しましては、出荷まで10営業日ほどお時間をいただく可能性があります。
何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。