【2023年】仙霊茶の新茶|ティーバッグ3g×10包

    
カートボタンへ
移動する

手軽に楽しむ2023年の新茶


新茶とは、その年の最初に育った新芽を摘み取って作ったお茶のこと。
立春から数えて88日目の「八十八夜(はちじゅうはちや)」の頃に旬を迎えます。

春のすべての「気」が満ちている八十八夜の頃に摘まれた新茶には生命力があるとされ、飲むと「長寿」や「無病息災」で過ごせる縁起物ともいわれています。

また、新茶には煎茶の主成分で、旨みと甘みのもととなる「テアニン」が豊富に含まれ、リラックス効果もあるそう。渋みが少なく飲みやすいのも特徴です。

そんな新茶を簡単に楽しめるティーバッグタイプをご用意しました。お仕事やお出かけのおともにいかがでしょうか?






300年の歴史「仙霊茶」のお茶


今回、暦生活では兵庫県神河町でお茶園を営まれている「仙霊茶(せんれいちゃ)」さんの“新茶”をお届けします。

仙霊茶は享保元年(1716年)より続く、歴史のある銘茶です。兵庫県神河町は、四季折々の自然が豊かなところ。山々のふもとで磨かれた名水のめぐみから、お米やお茶の栽培どころとして古くから知られていました。

一時期、茶農家の後継者不足からお茶園が途絶えてしまいそうになりましたが、地元の方が大切に守り続け、2018年より今の代表である野村さんがこのお茶園を継承されました。




季節とうつろうお茶の味


仙霊茶では、恵まれた土地の風土を活かした「自然栽培」を大切にされています。自然栽培とは肥料や農薬、除草剤などを与えず、太陽の光や雨など自然の恵みでお茶を育てること。

肥料に頼ることのない栽培は、傾斜による陽のあたり具合などによって茶葉の育ち方が変わり、それぞれ少しずつ違った味わいになります。収穫する日によっても茶葉の育ちが違うため、数日かけて収穫すると、その日によって味の変化がでてくるのです。

今回は、そんな仙霊茶のお茶をゆっくりと楽しめる商品をご用意しました。


手軽さが嬉しい 仙霊茶の新茶ティーバッグ


飲みたい時にさっと用意ができる、お手軽さが嬉しいティーバッグタイプ。専用の容器がなくても、カップや湯呑みにそのまま使えるので、普段お茶を飲まないという方にぜひお試しいただきたいです。



温かいお茶も美味しいですが、暑い季節には水出しもおすすめです。
水でお茶を作ると「甘み」「旨み」が優先的に出て、反対に、温かいお湯で作ると、その甘みと旨みに「渋み」と「苦み」がのり、より深い香りとバランスの良い味わいを楽しむことができます。

お湯で作る場合は出しっぱなしにしていると、どんどんと渋みが出てきてしまうのでご注意ください。

分量の目安
▷HOT
ティーバッグ1つに対し、70~90℃のお湯200〜500ml
時間:1分
▷ICE
ティーバッグ1つに対し、水300〜500ml
時間:20分


いれかたで選べる3タイプ


急須で丁寧にお茶を楽しむ「リーフ」、お湯や水に溶かすだけの「パウダー」もご用意しました。ぜひご覧ください。








ほうじ茶のティーバッグ


煎茶を焙煎した仙霊茶のほうじ茶も販売中です。煎茶の甘みも残しつつ、焙煎による香ばしさもお楽しみいただけます。






仙霊茶の新茶|ティーバッグ3g×10包


原材料名:茶葉(神河町産)
内容量:30g(3g×10包)
賞味期限:2024年6月
製造者:株式会社仙霊

※開封後は早めにお飲みください。
型番 4595316855087
定価 1,188円(税88円)
販売価格 1,069円(税79円)
SOLD OUT




Calendar

2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
定休日:土曜日・日曜日・祝日・GW・夏季休暇・冬季休暇

《配送に関してのご注意》
誠に恐れ入りますが、人気商品の発売後や長期休暇前後など、ご注文件数が多い時期に関しましては、出荷まで10営業日ほどお時間をいただく可能性があります。
何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。