冬の花束ブローチ



赤と白のコントラストが華やかな冬の花束


冬に咲く花を花束のようにまとめたブローチです。
モチーフとなっているのは、冬に咲く花であるノースポール、スノードロップ、椿です。
花は、一つ一つ刺繍糸をかぎ針で編んで作られていて、茎の部分にはワイヤーが入っているので、花や葉の向きを自由にアレンジすることができます。
手作りのあたたかみがあり、可愛らしい雰囲気ながらも、上品さを感じられます。



旬のお花を暮らしに取り入れてみませんか?


冬の花をモチーフにしたブローチは、服やバッグ、帽子などいろいろなつけ方で楽しむことができます。
花を身につけるとぱっと華やかになり、気持ちも明るくなりますね。





大切な人へのプレゼントにも


特別な日や記念品に大切な人へブーケを送るように、ブローチをプレゼントするのもおすすめです。
ちょっとしたプレゼントとして、日頃の感謝の気持ちを伝えたり、一緒に花言葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?



〈ノースポール〉
ノースポールは、冬から春にかけて真っ白の花を咲かせます。
長い期間花を咲かせ、花が少ない冬でも彩りを与えてくれます。
「ノースポール」とは英語で北極という意味があり、小さな白い花の見た目通り、雪を連想させられますね。

花言葉は、「誠実」、「冬の足音」。
開花時期や花の見た目から、冬の訪れを感じさせ、その様子が「冬の足音」という花言葉に由来しているとされています。




〈スノードロップ〉
冬の終わりから春にかけて咲く花で、春を告げる花といわれているそうです。
花茎の先に白い清楚な花をつけます。
6枚の花びらは、外側3枚が長く、内側3枚が短いのが特徴です。
「スノードロップ」は「雪のしずく」という意味で、和名ではマツユキソウ(待雪草)とも呼ばれています。

花言葉は、「希望をかなえる」「慰め」。
これは、禁断の実を食べてエデンの園を追放されたアダムとイヴを慰めるために、降っていた雪を天使がスノードロップの花に変えたという言い伝えに由来するといわれています。




〈椿〉
椿は、冬から春、主に紅色の下向きの花を咲かせます。
食用・化粧品・椿油としても用いられ、日本人に長く親しまれてきましたが、18世紀には西洋に渡り、「日本のバラ」と称えられました。

赤い椿の花言葉は、「美徳」、「控えめな素晴らしさ」。
ココ・シャネルが愛した花とも知られています。
凛としてつつましやかな雰囲気である椿は、ヨーロッパの人々にとって、日本女性を象徴する花でもあったようです。




冬の花束を身に着けたり、お部屋に飾ったりするだけで気持ちが明るくなります。
季節の花のブローチをつけて、冬のお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか?

冬の花束ブローチ


サイズ:約8cm
素材:刺繍糸、ワイヤー、紐、ピン
原産国:日本
※安全ピンで布などにとめていただく仕様になります。

【使用上の注意】
・形を保つためにスプレーで固めていますが、できるだけ優しく扱ってください。
・ブーケブローチはリボンの中心部分を持って着けたり外したりしていただくと取り扱いやすいです。
・茎の部分にワイヤーを入れておりますので、形が崩れた場合は手で歪みを調節してください。
・針で手を傷つけないようにご注意ください。
型番 4985849701621
定価 3,801円(税346円)
販売価格 3,801円(税346円)
SOLD OUT




Calendar

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日:土曜日・日曜日・祝日・GW・夏季休暇・冬季休暇

《配送に関してのご注意》
誠に恐れ入りますが、人気商品の発売後や長期休暇前後など、ご注文件数が多い時期に関しましては、出荷まで10営業日ほどお時間をいただく可能性があります。
何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。