書籍「ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖」



専門分野をやさしく読み解く本


暦生活で記事を書いてくださっている柴田佳秀さんの本『街・野山・水辺で見かける野鳥図鑑』と、櫻井大典さんの本『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖』をご紹介します。野鳥と漢方、一見どちらも専門性が高く難しそうな分野ですが、はじめての方でもやさしく読み解ける2冊です。




『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖』


日頃から食事に気をつけたいけれど、どうやって取り入れたらいいか分からない..。
そんな方におすすめなのが、『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖』です。





この本は、春・夏・秋・冬と季節ごとに厳選された食材やレシピが紹介されていて、お家でも手軽に「食養生」を実践できる本です。



本を開くと、おいしそうなイラストや料理写真がページを彩ってくれます。 パラパラとめくるだけで食欲が湧いてくるようです。







さらに、季節ごとに変化する身体や心の状態、食材の関係性が図やイラストでまとまっているのもうれしいポイント。
たとえば春は新しいことに直面してストレスがかかりやすいので、「胃腸を整えるレタスを食べましょう」など、身近に手に入りやすい食材で、わかりやすく提案してくれます。



レシピも少ない工程で、しっかり栄養をとれる調理方法を紹介しているので、今日からでもすぐにはじめることができそうです。



合わせて相性の良い食材や、アレンジの提案もしてくれるので食べる楽しみが広がります。



巻末にある「あなたの五臓の健康度チェック」や「症状別さくいん」も、身体のSOSに早めに気付いて、調子を整えるきっかけになりそうなページです。



本の冒頭に、著書の櫻井さんはこう書いています。


“食養生とは、食べてはいけない食材を並べて、「あれがだめ、これがだめ」というものでは決してありません。”

“「食べたいものを食べたいときに食べても、びくともしない体作りこそが養生だ」これは、私の養生の先生が教えてくれたことです。”


全てを完璧にすることはできないけれど、正しい知識をもって、自分のペースで無理なく生活に取り入れていくこと。
この本には、日々漢方専門家として色々な人の悩みに向き合ってきた櫻井さんの知恵がたくさん詰まっています。



難しいと思われがちな「漢方」が身近になり、「明日からまた頑張ろう」と背中を押してもらえる相棒のような本。
あなたも今日から、まいにち「食養生」をはじめてみませんか。



著者:櫻井大典(さくらいだいすけ)さんからのコメント


食べ物を選ぶ時、それを食べたいという気持ちも大事ですが、健康につながるもの、今の不調の対策になるものを選べれば、毎日食べる食事が養生食に変わります。どこでも手に入りやすい食材の薬膳的働きに加えて、簡単な調理法を載せています。皆様の日々の養生にお役立ていただければ嬉しいです。


暦生活WEBサイト 櫻井大典さんの「読み物」はこちらから






書籍「ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖」


著者:櫻井 大典
発行所:ナツメ社
ページ数:128ページ
型番 9784816367335
販売価格 1,320円(税120円)
購入数





Calendar

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
定休日:土曜日・日曜日・祝日・GW・夏季休暇・冬季休暇

《配送に関してのご注意》
誠に恐れ入りますが、人気商品の発売後や長期休暇前後など、ご注文件数が多い時期に関しましては、出荷まで10営業日ほどお時間をいただく可能性があります。
何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。