【絵本】ムーン・ジャンパー



『ムーン・ジャンパー』


ジャニス・メイ・ユードリー文 モーリス・センダック絵 谷川俊太郎訳/偕成社 (2014)

【 内容(出版社からの紹介)】
満月にてらされた夜の庭で、歌い、踊り、遊ぶ子どもたち。『木はいいなあ』の作者ユードリーの詩的な文章に、センダックが描いた、幻想的な月明かりにうかびあがる夜の情景がすばらしい絵本。コルデコット・オナー賞受賞作。


【書評より】
モーリス・センダックは、ジャニス・メイ・ユードリーの『ムーン・ジャンパー』に深く心を動かされたに違いない。この絵本のテキストに、彼の作品のなかでも、とりわけ美しい絵を描いている。(ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン新聞)

この絵を見た子どもたちは、ただちにその中にはいりこんで、はだしの足の裏の芝生や、髪をなぶり、ほほをひやす、心地よい風を感じることができるだろう。そして、月明かりに照らされた夜、とんだりはねたりしながら、ただ生きているということに、うきうきするような喜びを感じるにちがいない。多くの大人たちも、この美しい絵本によって、遠い日の喜びをあざやかに呼びさまされることだろう。 (児童書批評誌〈ホーンブック〉)


発行日: 2014年10月
単行本 : 32ページ
ISBN : 9784033483108
出版社 : 偕成社
サイズ:26×19cm



暦生活が、お月様を身近に感じられる絵本を選びました。


日本の素晴らしい行事や風習を、子どもたちに伝えたい。

そう思った時、自分自身がよく知らず、また詳しく教えてくれる大人が周りにいませんでした。
知らなくても暮らしていける事ですが、知ることでちょっぴり心が豊かになったり、
海外の友だちに「日本ってこんなところなんだよ」って教えてあげられたり。

四季折々の風景や、今なお残る行事や風習に目を向けて、心を育むひとときを作りませんか?




今なら、絵本をご購入のお客様全員に

暦生活 初のリトルプレス「543(こよみ)PRESS」をプレゼント!


行事のことをもっとお伝えしたくて、暦生活で初めてリトルプレスをつくりました。
「お団子レシピ」や「三方の作り方」のほか、「なぜ、月でうさぎが餅をついていると言われるのか」など、お子さんに聞かせてあげられる話が盛りだくさん。大人にとっても読み応えのある内容となっています。








素敵な行事体験を、お子さんにプレゼントしませんか?


自分の子ども、友達の子ども、お孫さんなど…子どもたちへのプレゼントに最適です。
絵本を読んで興味を持ってもらい、実際にお団子づくりやお月見を体験することができれば、子どもたちにとっても忘れられない思い出になるかもしれません。

絵本はプレゼントラッピングをした状態で、リトルプレスとセットでお送りします。










『ムーン・ジャンパー』


ジャニス・メイ・ユードリー文 モーリス・センダック絵 谷川俊太郎訳/偕成社 (2014)

発行日: 2014年10月
単行本 : 32ページ
ISBN : 9784033483108
出版社 : 偕成社
サイズ:26×19cm



型番 E_03
販売価格 1,540円(税140円)
購入数





Category